サッカーウクライナ代表は強い?他のグループHの親善試合も気になる

3月23日は日本代表とマリ代表のサッカー国際親善試合が行われ、1対1の引き分けに終わりました。

3月27日は日本代表とウクライナ代表による試合が行われます。会場はマリ戦と同じベルギーのリエージュです。

マリは「仮想セネガル」でしたがウクライナは「仮想ポーランド」としての試合になります。

サッカーウクライナ代表の実力は?


ウクライナは1991年ソビエト連邦の崩壊により独立した東欧の国です。ポーランドとも国境を接しています

ワールドカップには過去1回、2006年ドイツ大会のみ出場。初出場ながらベスト8の成績を残しています。この時の中心選手は現在ウクライナ代表の監督を務めるアンドリー・シェフチェンコ氏でした。

UEFA欧州選手権2012はポーランドとの共催で開催国枠で初出場したものの、グループリーグ敗退。

UEFA欧州選手権2016は予選を突破して出場しましたが、全敗でグループリーグ敗退となっています。この大会から出場枠が16から24になったのもポイントです。

 

最新のFIFAランキングでは35位と日本(55位)よりも格上です。

ワールドカップロシア大会欧州予選ではアイスランド、クロアチア、トルコ、フィンランド、コソボと同組でコソボ以外ヨーロッパの中堅国が揃ったグループIに入りました。

しかし最終戦でプレーオフ進出をかけたクロアチアとの直接対決で0-2で敗れ、グループ3位でワールドカップ本大会出場は果たせませんでした

 

今回のウクライナ代表招集メンバーは国内の強豪チーム、ディナモ・キエフシャフタール・ドネツクに所属する選手が多いです。

基本的にはほぼベストメンバーを組んできている印象です。

ただボルシア・ドルトムント所属のアンドリー・ヤルモレンコが出場しないとなるとちょっと戦力が落ちますが。

21歳の新星、マンチェスターシティ所属のオレクサンドル・ジンチェンコには注目です。ウクライナ代表の最年少得点記録を持っています。

逆に36歳のベテラン、ルスラン・ロタンは日本戦に出場すれば代表100試合目の出場となります。

もともとFIFAランキングでも格上ですし、簡単に勝てる相手ではありません。

23日に行われた試合ではウクライナはサウジアラビアと対戦し、1対1の引き分けでした。


☆☆☆☆☆続きを読む☆☆☆☆☆

サッカーマリ代表は強い!?ワールドカップ直前の国際親善試合!

本日3月23日、日本代表とマリ代表によるサッカー国際親善試合がベルギーのリエージュにて行われます。

ワールドカップに出場する選手を選考するにあたり、当落線上の選手にとっても非常に大事な試合となるでしょう。

サッカーマリ代表とは?


マリ共和国は多くの国と国境を接する内陸国で、日本と同じグループHに入ったセネガルとも国境を接しています。公用語はセネガルと同じフランス語です。

最新のFIFAランキングでは67位と55位の日本よりは格下です。ワールドカップ出場経験もありません

ロシアワールドカップアフリカ最終予選ではモロッコ、コートジボワール、ガボンと同組でしたが、1勝も出来ず最下位で敗退しています。

全体的に今回招集されたマリ代表のメンバーはフランスやベルギーのチームに所属している選手が多いです。

プレミアリーグのクリスタル・パレスに所属するマリの中心MFバカリ・サコや、ポルトガルのプリメイラ・リーガで20得点を記録しているFCポルト所属のFWモウサ・マレガが怪我のため招集されていないのが気になります。

仮想セネガルとするには全体的に力不足感は否めません。

しかしマリのアラン・ジレス監督は2013年~2015年にセネガル代表の監督をしていた経験もあり、そういう意味ではいいマッチメイクだったと思います。

また、体格や身体能力の高さはセネガルと通じるものもあり、この試合での経験は無駄にはならないはずです。

あまり強すぎる相手とやるよりはこのタイミングではある程度勝ちを計算出来る相手とやったほうがいいと思いますし。

特に昨年11月はブラジル、ベルギーという世界トップクラスのチームと闘ったばかりですしね。

☆☆☆☆☆続きを読む☆☆☆☆☆

インテル長友、とうとう移籍か?移籍先候補のガラタサライとは?

追記:移籍決定しました。

2011年から在籍し、インテル最古参となっている長友佑都(31)に移籍報道が出ました。
200px-Yuto_Nagatomo_2011.jpg
昨シーズンのセリエAでは全38試合中16試合出場(先発は11試合)にとどまり、昨年夏の移籍市場でもインテル退団の可能性を取り沙汰されていました。

複数のクラブが獲得に名乗りを挙げながらもインテル残留ということになった長友ですが、再びの移籍報道となりました。

今回の報道によると、インテルとガラタサライはレンタル移籍で合意に達しているようです。

契約には完全移籍に移行する買い取りオプションも盛り込まれているとのこと。






今シーズンのインテル長友の調子は?


序盤はそこそこ試合にも出場していたのですが、ここ10試合はピッチに立ったのはわずか1試合しかありません。

イタリア杯(日本の天皇杯のようなイタリアのカップ戦)にはフル出場していますが、この試合はレギュラーシーズンの試合の間に行われるため、控えの選手が出場する傾向にあります。

要するに現在のインテル長友の扱いは完全に「控え」ということになります。

ガラタサライとは?


イスタンブールを本拠地とし、1905年に創設されたトルコの強豪チームです。

インテルの元チームメイトで、2010年南アフリカワールドカップで得点王にも輝いたウェズレイ・スナイデル、言わずと知れたコートジボワールの英雄 ディディエ・ドログバ、「ルーマニア史上最高の選手」ゲオルゲ・ハジ などが所属していたことがあります。ハジは監督経験もあります。

日本人選手は元日本代表稲本潤一が所属した経験があります。

また、昨年の夏に本田圭佑獲得に乗り出した、という話もありました。結局本田はメキシコのパチューカに行きましたが。

個人的にはピークを過ぎた選手が現役生活終盤に辿り着くチームのイメージがあります…

日本代表への影響は?


今年の6月にはワールドカップがあります。そこで気になってくるのが日本代表への影響。

長友は香川、本田、岡崎と違いハリルホジッチ監督の下でもレギュラーとして扱われていますが、その立場は100%安泰というわけではありません。

試合に出られない状況が続くとレギュラー、もしくは代表からの落選の可能性も考えられます。

個人的にはインテルにこだわるより試合に出ないことには始まらないので移籍自体はいい影響をもたらす可能性の方が高いと思います。

実際に本田圭佑がパチューカ移籍後に好調を維持しています。日本代表復帰の可能性は高いのではないでしょうか。

やはりサッカー選手は試合に出てなんぼです。試合に出られるかは選手の能力だけでなく、監督やチームとの相性もありますからね。

まとめ

インテル長友がインテル長友でなくなってしまうのは寂しい部分もありますが、仕方ないと思います。

新天地トルコでも頑張って欲しいです。



関根貴大が元SKE金子栞と結婚!平松可奈子では無かった!



ブンデスリーガ2部FCインゴルシュタット04に所属するMF関根貴大選手が元SKE48の金子栞さん(22)との結婚を発表しました。約2年半のお付き合いがあったようです。





では二人のプロフィールを
71795364.jpeg

関根貴大(せきねたかひろ)
生年月日 1995年4月19日 (22歳)
出身地 埼玉県 鶴ヶ島市
身長 167 cm
体重 63 kg
所属チーム FCインゴルシュタット04

2013年SKE48プロフィール_金子栞.jpg
金子栞(かねこしおり)
愛称 きんちゃん
生年月日 1995年6月13日(22歳)
出身地 埼玉県さいたま市
身長  164 cm

ちなみに関根選手は一時期同じく元SKEの平松可奈子さんとも噂になったことがありますが結局金子栞さんでしたね。元々金子栞さんとも噂はあったようです。

金子さんの趣味に「サッカー観戦」とあり、地元埼玉の浦和レッズに所属していた関係でのお付き合いでしょうか。

また、かなりスタイルがいいです。身長も女性にしては高いですね。

逆に関根選手はサッカー選手としてはかなり小柄です。167cmで浦和レッズというと田中達也選手を思い出します。

関根選手は昨年の8月に浦和レッズからブンデスリーガのFCインゴルシュタット04に移籍しました。

インゴルシュタット04は昨シーズンは一部リーグだったのですが降格してしまい現在は2部所属になっています。このチームには日本から直接ドイツに渡った渡辺凌磨選手もいます。同じチームに日本人がいると心強いでしょう。背番号も22と23で1個違いです。

ブンデスリーガでの出場機会はあまり無いようです。やはりフィジカル面でのハンデはどうしてもありますからね。公称は167cmということは実際の身長はもう少し低い可能性が高いです。スポーツ選手は大体ちょっと身長を盛る傾向があります。本当は164cmという情報もありました。金子さんと2人で並んでる写真が欲しいですね(笑)

サッカーではまずチーム内での競争に勝ち、試合に出ないと始まりません。まだまだ若いので大丈夫だと思います。

そして1部リーグに返り咲き香川選手や長谷部選手とやりあって欲しいですね。

U-22では日本代表に選ばれていますがフル代表への招集経験はまだ無いのでドイツで実力をつけ、脂の乗ってくる年齢になったら日本代表として戦えるレベルの選手になって欲しいと思います。特にこの世代の選手はかなり不足してますし。

今度は結婚でなく、奥さんのためにも本業のサッカーのほうで話題になるように頑張って欲しいです。
スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク