ウズウズカレッジの評判は?地方でもいい?実際に参加してみた感想!

ゴールデンウィークも終わり、会社に行きたくないと思っている新社会人の人も多くなってくる時期だと思います。

個人的な意見ですが今の会社がどう考えてもブラックの場合、早く辞めた方がいいでしょう。

そうなると次の就職先を探すのが大変です。

そこで便利になるのが就職エージェント。

自分は去年株式会社UZUZの「ウズウズカレッジ」を利用したのでその感想を書いていきたいと思います。




 

ウズウズカレッジとは?


第二新卒者、既卒者、就職浪人者、フリーター、ニートなどを対象とした就職エージェントです。

他の就職エージェントと違い、研修があるのがウリです。

社会人として入社後に会社に定着、活躍するために必要となる「ビジネスマナー&マインド」「仕事に必要な基礎知識(Word/Excel/ビジネスメール)」などを学びます。

ITエンジニアコース」「営業コース」両方を体験できる「ハイブリッドコース」の3つのコースがあります。

 

☆☆☆☆☆続きを読む☆☆☆☆☆

ビリー・ヘリントン兄貴は2018年3月に事故で死亡していた…

衝撃的なニュースが飛び込んできました。

ニコニコ動画黎明期から「兄貴」の愛称で親しまれてきたビリー・ヘリントンさんが自動車事故により亡くなっていたことが明らかになったのです。

ビリー兄貴が死亡…ソースは?


アメリカの有名ゲイポルノサイトが報じています。さすがにリンクを直接は貼れないのでコピペします。

R.I.P. Porn Star Billy Herrington Died From Car Accident

Sad news… Chi Chi LaRue just broke the news that former gay porn star Billy Herrington passed away yesterday from a car accident.
I’m Sad to say, Billy unfortunately died as a result of a terrible terrible car accident.

He was 48 years young.
In case you didn’t know. Billy Herrington is very popular in Japan where he became a meme.

要約すると

有名なゲイポルノ男優、ビリー・ヘリントンは不運なことに酷い自動車事故に巻き込まれて死亡した。

48歳の若さだった。

日本で非常に人気だった。

ちなみに「Chi Chi LaRue」とはニコニコ動画では「妖♂精♂王」と呼ばれるゲイポルノ界の巨匠、ドラァグ・クイーンです。

また、ビリー氏の母親もFacebookで

It is with a heavy and broken heart that I want to let everyone know, my son Billy Herrington has past away. I love you son, mom.

と投稿しています。

それらがソースとなると残念ながら信憑性は高いでしょう。

☆☆☆☆☆続きを読む☆☆☆☆☆

バレンタインデーの義理チョコは迷惑で不要!?ある広告が話題に!

gf01a201502130500.jpg


「日本は、義理チョコをやめよう」

ゴディバの新聞広告が話題を呼んでいます。

ネットでは「負担だからやめたい」「義理チョコ制度は悪いことだけじゃない」と賛否両論です。





まあこれを広告としてチョコレート会社が出した、というのが凄いです。チョコレート会社にとってバレンタインデーは最も売り上げの上がる書き入れ時ですからね。このように話題になることを見越しての意味もありそうですが。

この広告の意図は?


「バレンタインデーをもっと好きになってほしい」

「お客様が楽しくないバレンタインデーは、 私たちチョコレート会社にとっても楽しくないバレンタインデーです。そういう楽しくないバレンタインデーから無理に利益をあげたいと、私たちは考えていません。私たちだけでなく、すべてのチョコレート会社、それを売るお店も、 気持ちは一緒ではないでしょうか」

というのがこの広告を出したゴディバの広報部の意図だそうです。

少なくともすべてのチョコレート会社がそう思っているとは思いませんが…

まあゴディバのチョコレートは比較的高価なので他の製菓会社と事情が違う部分もあると思います。

この時期に売らなかったらいつ売るんですかね。売れる時期に売るのは商売の基本。自分だったらとにかく売りたいと思ってしまいます。

精神は素晴らしいと思いますが理想論でしょうね。

義理チョコは不要?


実際明らかに仕方なく「文化だから」という感じで渡されても微妙な雰囲気になります。

お返しもしないといけなくなりますからね。一人一人に渡していたら大変な負担です。

だったら渡さなくても個人的にはいいと思います。

しかし職場での関係などを考えるとそういうわけにもいかないでしょうし、今までの文化もあるのでいきなりやめるのも難しいと思います。

個人的には「あげたい人だけあげればいい」と思います。

そもそも日本人は空気を読むとか人の顔色を窺いすぎな部分があると思います。

もっと自分勝手に自分の事を考えて生きてもいいと思います。

最近SNSの発達により、個人の意見を世間に表明するのは簡単になりました。

何気ないTwitterでの一言がヤフーニュースのトップを飾ることもあります。

SNSの炎上なんか日常茶飯事、この社会生きていくのが窮屈な感じがします。

まとめ

義理チョコ自体の不要論は今までもありましたが、売る側であるチョコレート会社がこのような広告を出すのは意外でした。

もちろん渡したくて義理チョコを渡す分にはかまわないと思いますが、半ば強制のような感じになってしまうと違和感があります。

この広告をきっかけに義理チョコの意義について考えてみるといいと思います。



2018年1月31日「スーパーブルーブラッドムーン」を見逃すな!

DUtxj2FU0AAgvN-.jpg

2018年1月31日に、「スーパーブルーブラッドムーン」と呼ばれる超レアな現象が世界各地で観測されます。





「スーパーブルーブラッドムーン」とは?



  • 「スーパームーン」 地球から見た月が最大に見える

  • 「ブルームーン」 ひと月で二度、満月になる

  • 「ブラッドムーン」 月食の際、月が赤銅色を帯びる


この3つの現象が同時に起こることです。同時に起こるのは非常に珍しく、なんと前回の「スーパーブルーブラッドムーン」は152年前の1866年のことだそうです。

「スーパームーン」に関しては、地球と月までの距離が楕円軌道であることを知っていれば、地球から近く見える月、遠く見える月があることがわかるのではないでしょうか。ちなみに14回目の満月がスーパームーンとなります。

「ブルームーン」に関しても、朔望月が約29日、1か月は2月以外は30~31日なので必然的に2回満月となる月が発生するのはわかると思います。

ちなみに本来の「ブルームーン」の意味はちょっと違うのですが、今回の「スーパーブルーブラッドムーン」では上記の意味で使われています。

「ブラッドムーン」は解説が必要かもしれません。

まず、月が地球の影に完全に重なってしまうことを皆既月食といいます。

しかし地球が月に立ちはだかったところで太陽から月に届く光を完全になくすことなどできません。

地球の大気によって太陽の光が屈折し、太陽の赤い光が月に届き、皆既月食では月は赤銅色、暗い赤色に見えるのです。

要するに「スーパーブルーブラッドムーン」とは赤い月が大迫力の大きさで見えるということです。

観測できる時間帯は?


position-s.jpg
国立天文台のサイトから引用

国立天文台のサイトによると、月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形になるとのことです。

観測自体はどこでも可能です。

また、NASA(アメリカ航空宇宙局)がネットでストリーミングする予定です。こんなめったに見られない現象は肉眼で観察したいと思うでしょうが、見られないときのためにストリーミングという手も準備しておくといいかもしれません。





まとめ

この超レアな天文現象を見逃すわけにはいかないでしょう。

観測の際は暖かい恰好で風邪をひかないように気をつけてください。

370419.jpg
ちなみに「ブラッドムーン」と聞くとこれを思い出す人も多いようです(笑)




草津白根山が噴火!噴火警戒レベルとは?噴火予知って出来るの?

気象庁は23日、草津白根山(群馬、長野県境)が同日午前10時ごろに噴火したと発表しました。 雪崩と噴火の噴石によるけが人が15人発生している模様ですが全容は明らかではありません。噴火の詳細は調査中です。さらに噴火が起きる恐れがあるとして警戒を強めています。鏡池付近から2キロの範囲では、大きな噴石に注意するようとのことです。

また、訓練中の自衛隊員が雪崩に巻き込まれましたが全員救助されたようです。





草津白根山って?


群馬県吾妻郡草津町に位置する、標高2160mの活火山です。

「白根山」という名前の山は他にもあるので「草津」を冠して呼ばれます。

噴火は1983年以来となります。

草津白根山は2014年以降、噴火警戒レベルは2でしたが昨年6月、火山ガスの濃度が低下傾向に転じているなどとしてレベルを1に引き下げていました。

しかし本日午前11時5分にを1から2に引き上げ、さらに同50分に3(入山規制)に上げました。

噴火警戒レベルとは?


vol_alert_level.jpg
各火山の活動状況に応じて必要な防災対応や警戒範囲を示すものとして気象庁が発表する指標です。

もともと「レベル1」の呼称は「平常」だったのですが、2014年に発生し、58名もの死者を出した御嶽山の噴火がレベル1から起こったことにより「安全だという誤解につながる」という声が上がり「活火山であることに留意」と変更されました。

レベル4からは「特別警報」となりレベル4では災害弱者は避難、レベル5になると危険な地域の住民は全員避難しなくてはなりません。

噴火の予知は可能?


御嶽山の噴火の時と同じく、噴火警戒レベル1からの噴火となりました。そもそも噴火を高い精度で予測することは技術的に可能でしょうか。

2000年の有珠山の噴火は予知できました。有珠山はデータの蓄積も多く、約30年に一度周期で噴火が起きているので火山活動の活発化から噴火予知でき、噴火予告されてから実際に噴火しました。

しかし火山活動が活発化しているのに沈静化してそのまま噴火しない、という事態もありました。

噴火の開始は予測できても、その後活動がどのように推移するのかやいつ終息するのかといった予測が困難なのです。少なくとも現時点では正確な予測は出来ません。

まとめ


富士山も江戸時代に「宝永大噴火」として有名な大規模な噴火が起きています。それから富士山の噴火はありませんが起こらないとは限りません。

「火山大国」の日本では、噴火をめぐるリスクが日常の延長にあります。地震と同じく予測は難しいものです。

雪と同じで自然には勝てませんが日ごろから非常事態が起こる可能性がある、ということを意識して生きていくことが大切です。

東京はもっと雪対策をすべき?交通網マヒで大混乱!帰宅困難者も?

みなさんご存知の通り22日昼頃から23日朝方にかけて都心部でも積雪の予報となっております。

帰宅時間になる17時~22時くらいは間違いなく交通網に影響が出ることになるでしょう。

なぜこれだけ都心部は雪に弱いのでしょうか。毎シーズンこうなるのに対策をしないのでしょうか。





都心部の雪対策は必要?



豪雪地帯と都心部では状況がかなり異なる

北海道、東北、北信越など豪雪地帯では雪が降ることを前提としているため、あらゆる雪対策があります。都心部ではそもそも積雪を伴う雪が降るのはせいぜい年に1~2回程度。導入するコストやメンテナンスのコストを考えると雪が降った時のみ対策、という形にした方がいいのです。

豪雪地帯と都心部ではそもそも地面や道路からして違いますからね。雪国の主要な道路には「ロードヒーティング」が標準装備されています。これによって路面の凍結や積雪を防止しているのです。豪雪地帯の電車も線路も雪が降ることが前提で作られています。その分費用はかかっていますが必要なのです。

 

都心部は超過密ダイヤ!

自分は地方に住んだ経験も都心部に住んだ経験もあるのでわかりますが、都心部は電車を逃しても3分も待てば次の電車が来ます。地方だと1時間に1本とか普通ですよね。この感覚の違いです。
1時間もあれば間に除雪車を走らせることも出来ますが東京のダイヤではまず無理です。

そもそも地方はニュースにならない

仮に豪雪地帯で大雪があったとして交通網がマヒしてもメディアで大きく取り上げられることはありません。情報の発信地たる都市部だからこそ大きく報道されてしまう、という点もあげられます。人口が多い分都心部だと電車の遅れが影響する人も多いので。


都心部に過度な雪対策はいらない!



つまり雪対策を鉄道会社や国に求めるのではなく、個人の対策のみで問題ないということです。具体的には

  • ニット帽、マフラー、手袋を装備

  • 歩幅を小さくゆっくり歩く

  • 転ばない意識を持つ

  • 両手をフリーに出来るリュックをお勧め

  • 最新情報をチェック

  • 歩きスマホは論外


といった対策を取る必要があります。また、電車の遅れはどうしようもないため早めに行動するしかありませんね

 

まとめ

雪が降るのが当然の豪雪地帯と滅多に雪が降らない都心部では状況が全く違います。

東京の雪対策がなっていない、と雪国出身の人が都心部の人を馬鹿にしたりするのは間違っています。災害対策の予算は限られているので地域の特色に合わせた対策が必要です。

都心部の人は個人で出来る雪対策をして怪我の無いようにしましょう。出来れば早く帰りましょう
スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク