Top > サッカー >totoはワールドカップ2022カタール大会も対象!高額配当を狙った予想を公開!

totoはワールドカップ2022カタール大会も対象!高額配当を狙った予想を公開!

スポンサーリンク


とうとう始まるカタールワールドカップ。


実はワールドカップもサッカーくじtotoの対象の対象となっています。


Jリーグに比べると実力差のある試合が多く、当てやすくなっているのも特徴!


2018年のロシアワールドカップの第1019回totoでは、比較的波乱が少なかったにもかかわらず、1億円が出ました!


スポーツクジtoto


今回は2022年カタールワールドカップtotoの予想を公開します。


totoワールドカップ2022カタール大会の予想!



第1336回の予想です。勝ち予想を赤字、引き分け予想はそのままです。

イングランド イラン

アルゼンチン サウジアラビア

ドイツ 日本

ポルトガル ガーナ

ブラジル セルビア

セネガル オランダ

アメリカ ウェールズ

メキシコ ポーランド

ウルグアイ 韓国

スイス カメルーン

ベルギー カナダ

フランス オーストラリア

スペイン コスタリカ


初戦は慎重に入りがちなため、引き分けを多めに入れました。

とはいえ、ブラジル、アルゼンチン、フランスやスペインはさすがに勝ちそう。

高額配当に必要な「やらかし枠」はドイツとイングランドに。ドイツ日本は期待も込めて引き分けにしました。

イングランドは結構やらかしがちなチームなので、中東開催で地の利があるイランに勝ちきれない展開はありそうです。

アメリカ対ウェールズはみんなの予想を見てもかなり割れており、この回で最も難しい試合だと思います。マルチを使うならここかなと。


ちなみに、2018年のロシアワールドカップの第1018回totoではなんと855口1等が出ました。当選金額は143,121円。この回はアルゼンチンがクロアチアに負けた以外は番狂わせが無く、ほぼ順当な結果でした。クロアチアも強いしね……

さすがに1等でこの額だとしょっぱい気がします。高額配当を狙うならある程度はギャンブルする必要があると思います。


スポーツクジtoto


totoワールドカップWINNERって?


WINNERは新しいtotoで、優勝チーム日本代表の成績を当てたり、1試合ごとの試合結果を予想します。

今まではこの手の予想は海外のブックメーカーを使う必要があったのですが、法律的にグレーだったり入金方法が面倒だったりで敷居が高く、あまり日本ではなじみがありませんでした。

しかし今回からは、完全に合法なサッカーくじ「toto」でも1試合から予想できるように!もちろんワールドカップも対象です。

注目は優勝チームを当てるくじですね。ブラジルなら2.6倍、アルゼンチンなら3.6倍のように倍率が出ます。ちなみに日本は34.4倍(2022年11月20日時点)。

あとは日本代表の成績を予想するくじ、1試合の結果を予想するくじが発売!

例えば日本VSドイツ戦ならドイツの1-0勝利が6.1倍、2-0勝利が4.8倍です。スコアレスドローなら8.7倍、日本の1-0勝利は6.5倍。

日本を応援して日本の勝利に賭けている人が多いようですが、やはり実力的にはドイツの勝ちが濃厚。日本が負けてもお金貰えるしと考えて引き分けやドイツの勝ちに賭けるのもアリだと思います。

1口200円から購入可能です。13試合の結果を当てる必要がある通常のtotoよりも遥かに当てやすいと言えるでしょう。

とりあえず倍率を見てるだけでも面白いのでClub totoのWINNERのページを見てみてください。

totoワールドカップを購入するには?


Club totoがおすすめです。登録は必要ですが無料です。購入画面も使いやすいです。

24時間いつでもインターネットでtotoを購入可能!試合開始10分前まで買えます。

さらに当選金は自動振り込みなので、貰い忘れる心配もなし!ポイントを貯めて豪華プレゼントを当てることもできます。

もちろん年会費・登録費は無料!totoは100円から、WINNERは200円から購入可能です。

Club toto 無料会員登録


スポーツクジtoto


まとめ

WINNERができたことで、日本の対戦相手に賭ければ日本が勝ったら勝ったで嬉しいし、負けてもお金が貰えると考えることができるようになりました!

スコアも予想しないといけないとはいえ、13試合当てるのに比べれば難しくはないでしょう。

もちろん13試合予想して億を狙うのもOK。

とりあえずClub totoでオッズだけでも見てみると面白いですよ。

Club toto 無料会員登録


スポーツクジtoto


スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク