Top > 野球 >プロ野球パ・リーグ順位予想2018!開幕直前編

プロ野球パ・リーグ順位予想2018!開幕直前編

スポンサーリンク


とうとう開幕するプロ野球。

今回は順位予想パ・リーグ編です。

関連記事→プロ野球セ・リーグ順位予想2018!開幕直前編

優勝 ソフトバンク


現在の12球団で間違いなく最強のこの球団はまあ優勝でしょう。

解説する必要性もあまり感じないレベルです。

ただ主力の年齢が結構中堅からベテランの域に達しているのでそこが不安といえば不安です。

まあソフトバンクは育成も上手い球団なので誰か出てくると思います。優勝はゆるぎないかと。

2位 西武


野上、牧田、シュリッターが抜けたものの、打線は強力です。

新人王を獲得した源田と安定した成績を残せる浅村で二遊間を固定出来るのは大きいです。

ただ好不調の波が大きい中村剛也やメヒアが不調に陥るとBクラスもありえます。オープン戦でもあまり成績が良く無かったのでかなり不安です。

投手も菊池雄星はいるものの全体的に不安が残るメンバーです。人的補償の高木勇人にも期待がかかります。

3位 楽天


ペゲーロ、ウィーラー、アマダーの外国人野手が全員残留という事でAクラスに予想します。

このチームは先発が安定しています。松井裕樹という絶対的な抑えがいるのも大きいです。

昨年は夏に大失速をしてしまったので精神的な面も考える必要がありそうです。

2013年の日本一はほぼ田中マーのおかげなのであの再現はちょっと難しいかと。

スポンサーリンク

4位 オリックス


このチームは打線は強力なものの、先発が弱いです。

中継ぎは増井をFAで獲得したものの、平野佳寿がメジャー移籍したのが辛いところ。

その中で期待したいのは新人の田嶋大樹ですね。

野手はマレーロやロメロ次第な部分があります。あと今年は2軍スタートのT-岡田。

金子千尋や外国人野手の活躍次第ではAクラスもあるでしょう。

5位 日本ハム


このチームはレアードと中田翔次第なので予想が難しいです。

しかし大谷やマーティン、増井の穴は大きいため、Aクラスは難しいのではないでしょうか。

昨年怪我で4割への挑戦を絶たれた近藤健介には注目したいです。オープン戦でも好調でした。

あとは大谷と行き違いで加入した清宮幸太郎が1軍でどれだけやれるのか気になりますね。

まあ最終的な順位予想は5位ですが最も計算できないチームです。

6位 ロッテ


今年も昨年と同じくオープン戦は好調でしたが弱点の長打力を埋める外国人野手の補強も無く、戦力的にはかなり厳しいと言わざると得ません。

野手は言うまでもないのですが、投手も微妙でやはり最下位が濃厚ではないでしょうか。新加入の外国人投手は未知数ですが。

涌井の残留は追い風ですが石川らの活躍にかかっています。

井口監督には期待したいのですが、現有戦力では上位に行くのは厳しい気がします。フロントにも問題があると思うので何とも言えませんが。

まとめ



前回と同じ予想になりました。パ・リーグは優勝こそソフトバンクが盤石ですがクライマックスシリーズ争いはかなり微妙です。

とはいえ新人や外国人選手など現時点では実力未知数の選手の活躍によって行方がわからなくなるのがペナントレース。

現時点で戦力が下位と評されるチームにも上位進出の可能性はあります。

今年の野球も楽しみです。

関連記事→プロ野球セ・リーグ順位予想2018!開幕直前編






スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク