Top > サッカー >サッカーウクライナ代表は強い?他のグループHの親善試合も気になる

サッカーウクライナ代表は強い?他のグループHの親善試合も気になる

スポンサーリンク


3月23日は日本代表とマリ代表のサッカー国際親善試合が行われ、1対1の引き分けに終わりました。

3月27日は日本代表とウクライナ代表による試合が行われます。会場はマリ戦と同じベルギーのリエージュです。

マリは「仮想セネガル」でしたがウクライナは「仮想ポーランド」としての試合になります。

サッカーウクライナ代表の実力は?


ウクライナは1991年ソビエト連邦の崩壊により独立した東欧の国です。ポーランドとも国境を接しています

ワールドカップには過去1回、2006年ドイツ大会のみ出場。初出場ながらベスト8の成績を残しています。この時の中心選手は現在ウクライナ代表の監督を務めるアンドリー・シェフチェンコ氏でした。

UEFA欧州選手権2012はポーランドとの共催で開催国枠で初出場したものの、グループリーグ敗退。

UEFA欧州選手権2016は予選を突破して出場しましたが、全敗でグループリーグ敗退となっています。この大会から出場枠が16から24になったのもポイントです。

 

最新のFIFAランキングでは35位と日本(55位)よりも格上です。

ワールドカップロシア大会欧州予選ではアイスランド、クロアチア、トルコ、フィンランド、コソボと同組でコソボ以外ヨーロッパの中堅国が揃ったグループIに入りました。

しかし最終戦でプレーオフ進出をかけたクロアチアとの直接対決で0-2で敗れ、グループ3位でワールドカップ本大会出場は果たせませんでした

 

今回のウクライナ代表招集メンバーは国内の強豪チーム、ディナモ・キエフシャフタール・ドネツクに所属する選手が多いです。

基本的にはほぼベストメンバーを組んできている印象です。

ただボルシア・ドルトムント所属のアンドリー・ヤルモレンコが出場しないとなるとちょっと戦力が落ちますが。

21歳の新星、マンチェスターシティ所属のオレクサンドル・ジンチェンコには注目です。ウクライナ代表の最年少得点記録を持っています。

逆に36歳のベテラン、ルスラン・ロタンは日本戦に出場すれば代表100試合目の出場となります。

もともとFIFAランキングでも格上ですし、簡単に勝てる相手ではありません。

23日に行われた試合ではウクライナはサウジアラビアと対戦し、1対1の引き分けでした。


スポンサーリンク

他のグループHの親善試合は?


3月23日の試合の結果です。

コロンビア 3対2 フランス
セネガル 1対1 ウズベキスタン
ポーランド 0対1 ナイジェリア

セネガルからすればウズベキスタンには勝ちたかったと思うのですが引き分け。

コロンビアはフランスに2点先制されながらも逆転勝利。

ポーランドがナイジェリアに負けているのは気になります。

日本と同日に行われる対戦は

コロンビア 対 オーストラリア
セネガル 対 ボスニア・ヘルツェゴビナ
ポーランド 対 韓国

となっています。

ヨーロッパの強豪ドイツ、スウェーデンと同組の韓国と「仮想日本」の試合をしたいポーランドとの思惑が完全に一致しましたね(笑)

そもそも「仮想日本」となるチームが少なすぎるため、各国マッチメイクに苦労している印象があります。

地理的にも体格的にも日本に近いのは韓国以外だと中国や北朝鮮になるのですが、北朝鮮はワールドカップ出場経験があるとはいえちょっとサッカーのレベルは落ちます。その前にサッカー以外の問題もあります。

中国は現在「チャイナカップ」開催中でウェールズ、ウルグアイ、チェコも参加しているためこの4カ国とは試合を組めません

オーストラリアは確かに同じAFCではあるのですがさすがに「仮想日本」にはならないです。オーストラリアからすればコロンビアを仮想ペルーとしているのだと思います。

まあわざわざ「仮想日本」の試合を組まなくてもいいと思っている可能性もありますが。まだワールドカップ直前の試合もありますし。

まとめ


個人的には「仮想セネガル」としたマリ代表と同じく、ウクライナ代表は「仮想ポーランド」とするには十分なチームだと思います。地理的にも近く、体格も近いものがあります。

ウクライナ代表は国内組が中心とはいえ、ヨーロッパの中堅クラスとして戦うだけの実力があるチームです。「ヨーロッパの中堅」は「アジアのトップ」より強いです。

もちろんワールドカップのメンバーに選ばれるため個人のアピールも重要ですが、チームとしての結果にもこだわって欲しいです。マリ戦はちょっとお粗末でした。

なんとか日本の意地を見せつけるような試合を期待します。

関連記事→サッカーマリ代表は強い!?ワールドカップ直前の国際親善試合!
関連記事→対ウクライナ戦のスタメン予想!ワールドカップへ向けた重要な一戦
関連記事→ワールドカップグループリーグ突破国予想!「死の組」は?日本は?







スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク