Top > オリンピック >フィギュアスケート世界選手権2018の放送予定と注目選手!

フィギュアスケート世界選手権2018の放送予定と注目選手!

スポンサーリンク


明日、3月21日からフィギュアスケートの世界選手権がイタリア、ミラノで開幕します。
099.png
公式サイト
http://www.milano2018.com/ja/welcome-to-the-official-milano-2018-website/

今回はその「世界フィギュアスケート選手権2018」の放送予定と注目選手を紹介します。

世界フィギュアスケート選手権2018の放送予定!


3月21日(水) 23:00〜24:59 女子ショートプログラム
3月22日(木) 23:00〜24:55 男子ショートプログラム
3月24日(土) 3:55〜6:30   女子フリースケーティング
3月24日(土) 20:00〜23:10 男子フリースケーティング
3月26日(日) 0:30〜1:30 エキシビション
3月28日(火) 2:45〜3:45 ペア・アイスダンス

すべてフジテレビ系列。赤字は生放送です。延長もあり。

女子フリーが深夜から明け方にかけての放送なのに注意です。

また、以下のアドレスでネット配信もあります。
http://www.fujitv.co.jp/sports/skate/world/

競技自体はもっと早く始まっているのですが、日本人選手は滑走順が後ろのほうなので地上波では後半の選手のみ放送するようです。

まあオリンピックでもないとさすがに全員を放送出来ませんね。

序盤の選手も見たい人のための配信です。

スポンサーリンク

世界フィギュアスケート選手権2018男子の注目選手!


日本からは

宇野昌磨
田中刑事
友野一希

以上3選手が出場します。羽生結弦選手は怪我のため出場を回避、補欠の友野一希選手が出場します。

注目はやはり宇野昌磨選手ですね。

今大会にはオリンピックで表彰台に上がった他の2選手が出場しておらず、優勝候補に挙げられています。

金博洋選手やネイサン・チェン選手がライバルになるでしょう。

特にネイサン・チェン選手は平昌オリンピックのフリースケーティングは圧巻でした。

ショートとフリーの2本をまとめることが出来るかがポイントになります。

パトリック・チャン選手は引退、ハビエル・フェルナンデス選手やアダム・リッポン選手も欠場と上位選手の欠場が目立ちます。

世界フィギュアスケート選手権2018女子の注目選手!


日本からは

宮原知子
樋口新葉

以上2選手が出場します。

女子は平昌オリンピック金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手が優勝候補の筆頭です。

同大会銀メダリスト、メドベージェワ選手は怪我のため出場を辞退しています。銅メダリストでカナダのケイトリン・オズモンド選手は出場予定です。

個人的に注目しているのは31歳のベテラン、カロリーナ・コストナー選手です。
彼女は今大会での引退を示唆しています。

年齢を考えても地元・イタリアで行われる世界選手権を最後の舞台とする可能性は高いです。

ジャンプの難易度で若い選手にかなわなくても表現力で勝負するタイプのスケーターだったので引退は惜しいです。

あとはアメリカの長洲未来選手。

関連記事→長洲未来の国籍は?両親は日本人!トリプルアクセルに注目!

団体戦では成功したものの、個人戦で失敗してしまったトリプルアクセルが成功するかに注目です。

世界フィギュアスケート選手権2019の出場枠もかかっている!?


今大会は来年日本(さいたま市)で行われる世界選手権の枠がかかっています

具体的には各国成績上位の2人の合計順位が13以下なら3枠獲得出来ます。

例えば宇野昌磨選手が2位、田中刑事選手が9位だった場合、合計は11なので来年の世界選手権の日本の出場枠は3になります。

宇野昌磨選手が3位、田中刑事選手が11位だった場合、合計は14なので来年の世界選手権の日本の出場枠は2になってしまいます。

男子は出場枠3をキープすること、女子は出場枠を3に戻すことが必要になります。

そのためには2番目の選手の成績が重要になってきますね。

まとめ


オリンピックが開催される年は有力選手がオリンピックに照準を合わせるため世界選手権は欠場する選手も多くなりがちです。

しかし来年は日本で行われる世界選手権の出場枠もかかっており、重要な大会になります。

また、今大会は我々日本人にとっては比較的見やすい時間帯に行われるため見るほうにもありがたいです。平昌オリンピックは平日昼間でしたからね…

日本人選手の活躍に期待したいです。


関連記事→樋口新葉の親は金持ちで樋口一葉の末裔?目標はキムヨナ!?






スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク