Top > オリンピック >成田緑夢は事故で足切断の危機に!パラリンピック金メダル候補!

成田緑夢は事故で足切断の危機に!パラリンピック金メダル候補!

スポンサーリンク


平昌オリンピックは閉幕しましたが、本日平昌パラリンピックの開会式が行われました。

今回はスノーボードに出場する、成田緑夢(なりたぐりむ)選手についてです。

成田緑夢とは?


スノーボードで「成田」という苗字からピンと来た人もいるかもしれません。

そう、あのトリノオリンピックで物議をかもした成田童夢さんを兄に、今井メロさんを姉に持つスノーボード一家、成田家の次男です。

彼らはメダル候補としてかなり注目されていたものの、オリンピックで結果を残せなかったことから大バッシングを受けてしまいました。


成田緑夢選手は1998年の長野オリンピックでわずか4歳でスノーボードのデモンストレーターを務め、小学生から国際試合に出場するなど将来を期待されるスノーボード選手でした。

しかしその選手がなぜ今回パラリンピックに出場することになってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

成田緑夢を襲った事故とは?


実は成田緑夢選手はスノーボードと並行してトランポリンにも取り組んでおり、夏冬両方のオリンピックに出場することを目標としていました。

また、彼はフリースタイルスキー・ハーフパイプの世界選手権日本代表に選出された経験もあり、スキー、スノーボード、トランポリンの三刀流といっていい選手でした。

トランポリンはそれ単独が競技であるのと同時に、ハーフパイプでの空中姿勢の練習にもなるので練習に取り入れる選手は多いようです。

しかしそのトランポリンでの練習中に悲劇が起こります。

ソチオリンピックを翌年に控えた2013年、いつものように自宅でトランポリンを飛んでいました。

両足首にスキーの板の重さを想定した2.5キロずつの重りを付け2回転宙返りで5メートルを飛ぶ練習が彼の日課だったのです。

しかしバランスを崩し、重りのせいで足が回転についてこれず、前屈の体勢で落下。ひざが逆に曲がりました

その結果前十字靱帯、後十字靱帯の断裂に半月板の損傷。動脈も破裂という大けがを負ってしまいます。

切断の可能性もありましたが、父親が切断は回避するよう医師に懇願していたようです。

そのため切断は免れたものの、左ひざから下の感覚を失う障害が残りました。

成田緑夢は夏のパラリンピックも目指している!?


平昌オリンピックはスノーボードで出場しますが、彼はなんと2020年東京のパラリンピックも目指しています。

種目は陸上の走り高跳び

2016年のリオパラリンピックには出場できませんでしたが、数々の大会で好成績を上げています。

もともとパラリンピックの選手は競技人口が少ないこともあり、夏冬両方の競技で出場する選手は少なくありません

まずは今回のオリンピックで好成績を残して、夏のパラリンピック出場も目指して欲しいですね。

まとめ


ちなみに彼はYoutuberとしても活動しています。

Twitterはこちら
https://twitter.com/gurimunarita

日本ではパラリンピックはオリンピックほど注目されませんが、頑張っているのはオリンピック選手と同じです。

成田緑夢選手の場合兄妹の知名度があるため、結果を残せば注目されるかもしれません。

成田緑夢選手が出場する男子スノーボードクロス SB-LL2は3月12日(月)、男子バンクドスラローム SB-LL2は3月16日(金)に行われます。






スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク