吉田知那美は英語もペラペラ?戦力外通告は確執が原因なのかを調査!

連勝で波に乗る日本カーリング女子代表LS北見。

その中でサードを務める吉田知那美選手がかわいいと人気です。

彼女は前回のソチオリンピックにも出場していました。

ポジションはリザーブでしたが小野寺佳歩選手がインフルエンザにかかるなどのアクシデントにより試合にも出場していました。

吉田知那美のプロフィール!



名前 吉田知那美(よしだ ちなみ)

生年月日 1991年7月26日

出身地 北海道北見市

身長 157cm

三姉妹の次女として生まれます。

6歳上の姉は菜津季さん、2歳下の妹が今回の日本代表でリードを務める吉田夕梨花選手。

母の富美枝さんや長女の菜津季さんの影響でカーリングを始め、どんどん上達していきます。

中学時代は、今回の日本代表でセカンドを務める鈴木夕湖選手と妹の吉田夕梨花選手、ソチオリンピック代表だった小野寺佳歩選手と共に『常呂中学校ROBINS』を結成し、日本選手権で中学生ながら3位になるなど結果を残します。

高校卒業後はバンクーバーに語学留学します。

しかし留学先が3度のオリンピックで日本代表のコーチや監督を務めた日系カナダ人のミキ・フジ・ロイ氏のところだったため改めてカーリングを学びなおすことになります。

このため英語はペラペラです。

帰国してからは小笠原歩からの誘いもあり北海道銀行フォルティウスに参加。このときのコーチは留学先と同じくミキ・フジ・ロイ氏

代表決定戦に勝利し、ソチオリンピックに日本代表として出場することになりました。結果は5位入賞。

しかしオリンピック後、北海道銀行フォルティウスから戦力外通告を受けてしまい失意のどん底に落とされます。

そこで地元で本橋麻里選手が立ち上げたチーム『ロコ・ソラーレ』から声がかかり、再びカーリングに向き合うことになりました。

吉田知那美が北海道銀行を戦力外になった理由は?


ベテラン選手についていくのがやっとで、技術力もメンタル面も弱いと語っていました。

このチームはオリンピック出場経験もあるベテランの小笠原歩選手、船山弓枝選手が存在し、彼女たちについていくのが大変だったということでしょう。

スポーツは厳しいですが実力が無いと判断された者は淘汰されていくものです。

確執が原因とも噂されますが、確証のあるソースはありませんでした。

小野寺佳歩選手は同級生ですが、小笠原歩選手、船山弓枝選手とは年齢差もありますしそのあたりも関係したのかもしれません。

そういう意味では『ロコ・ソラーレ』は年齢が近い選手や元チームメイトで構成されているので気が楽だと思います。

まとめ


彼女の務めるサードはスキップの補助、スイーパーの役割といった仕事の他にドローやテイクアウトといったショットの正確性も求められるカーリングにおいて非常に重要なポジションです。

カナダに留学していたのでカナダ人である「JD」ことジェームス・ダグラス・リンドコーチとの意思疎通もバッチリです。彼はソチオリンピックでもコーチとして日本代表に同行していました。

タイムアウトでは英語でリンドコーチのアドバイスを受ける場面も出てくると思います。

予選ラウンド突破を目指して頑張って欲しいです。

関連記事→吉田夕梨花は英語が得意な知那美の妹!カーリングでリードは重要!
関連記事→藤澤五月は喫煙者?タバコでボヤ騒ぎを起こしたのが移籍の理由?
関連記事→平昌オリンピックでカーリング日本代表はメダルを獲得出来るのか?
関連記事→カーリングのルールと戦術をわかりやすく解説!
関連記事→平昌五輪カーリング女子日本代表はかわいいと評判!LS北見を紹介!
関連記事→平昌五輪カーリング男子日本代表はイケメン揃い!SC軽井沢クラブ!