Top > ゲーム >モダンの禁止改訂速報!2018年2月、血編みとジェイスが解禁!

モダンの禁止改訂速報!2018年2月、血編みとジェイスが解禁!

スポンサーリンク


告知日:2018年2月12日

モダン:
《精神を刻む者、ジェイス》 解禁

《血編み髪のエルフ》 解禁

発効日:2018年2月19日

Magic Online 発効日:2018年2月14日

次回禁止制限告知日:2018年4月16日

jace.jpgbroodb.jpg

《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf(ARB)》と《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》がモダンで解禁されることが決定しました。


血編み髪のエルフと精神を刻む者、ジェイスはライバル!?


公式でも触れられていますが、この2枚はライバル関係でした。

血編み髪のエルフが使えた頃のスタンダードはジャンド一強と言っていい時代でした。

しかしワールドウェイクで精神を刻む者、ジェイスや天界の列柱が追加され、青白コントロールは細々と活躍し始めました。

そう、細々と。

当時ジェイスはそこまで活躍していませんでした。

なぜならジェイスを出した返しで血編み髪のエルフを出されると厳しいから。
特に続唱で《荒廃稲妻/Blightning(ALA)》が捲れると最悪です。

そもそも最初にプラス能力を使わないと普通に荒廃稲妻で落ちる忠誠度であることも使用率が増加しなかった原因です。

そして血編み髪のエルフがローテーションでいなくなってからはご存知の通り当時のスタンダード環境を荒らしまわりました。

スポンサーリンク

解禁によるモダンの影響は?

ジェイスは普通にコントロールが採用するでしょう。もしかしたらランタンも採用するかもしれません。

コントロールは今の時点でも息をしていないわけではなく、プロツアー『イクサランの相克』でも構築ラウンド上位にいました。

ただ今のモダンは受けきるのが非常に難しいため、まあジェイスを解禁するのも面白いかもしれません。

青系コントロールはプレイングが難しいため使い手が増えるかというと微妙ですが。

 

血編み髪のエルフは解禁されることでミッドレンジ系のデッキの選択肢が増えることになります。

赤を使うメリットが稲妻だけでなくなる、というのは大きいです。

少なくともアブザンやマルドゥの他にジャンドが復権するであろうことは想像できます。

ジャンドはファンが多いデッキでもありますし、単純に続唱はプレイしている方は楽しいカードです。

自分もスタンダードで散々使っていたのでよくわかります。

まとめ


血編み髪のエルフはそもそも解禁予想をしていたので驚きはありません。
関連記事→モダンのプロツアーの結果から2018/2/12の禁止改訂予想!
しかしジェイスはちょっと意外でした。

まあ禁止カードの中では解禁されてもおかしくないカードであるとは思っていましたが、実際に解禁されましたね。

そもそも解禁したのはマスターズ25thの影響もあるので単純なカードパワー云々の問題だけでは無いですが。

また、あるデッキが活躍したらすぐ禁止されるのではないかという疑心暗鬼について公式から苦言が呈されています。

個人的にはランタンの問題は物理的な部分にあると思っていたのですが、今回の記事ではその部分には触れていませんね。

もし今後ランタンの使用者が増加したりしたら問題になる可能性もあるとは思いますが、現時点ではセーフという認識のようです。

モダンは先手ゲーだ運ゲーだとは言われますが、面白いフォーマットなので上手くバランスを取って欲しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク